STAFF BLOG インターネットのプロ目線コラム

セミソフトケース CF-D200 その他

★ナイキ ★Therma Fleece Full-Zip Winterized 関税込★
今回もデザインとは関係のないトピックをみなさんにシェアします。笑
それはズバリ
SEO対策です。
え、もう聞き飽きた話題だって?
そんなことをおっしゃらずに、ノムラと一緒にSEOの復習をしましょう!

SEOってなんだっけ

SEOとは簡単に言うと
インターネット検索結果でWebサイトを上位表示させたり、より多く露出するための一連の取り組みのことを言います。
前回、前々回でGoogleマイビジネスのことつらつらと書きましたが、あれもつまりは、マイビジネス登録という方法で上位表示させるわけですからSEO対策と言えます。
(前回→https://www.mymall.co.jp/blog/post10855
送料関税込★CHLOE★大人OK スウェットワンピース)
 
ちなみに、検索の上位表示ってどうやって決められているか知っていますか?
【GIVENCHY】GV3 型押し レザー ミニ ショルダーバッグ

  • 閲覧回数
  •      

  • ドメインパワーの強さ

今回はこちらの2点に絞ります。
 
閲覧回数によって決まる、というのはなんとなく想像がつくのではないでしょうか。
閲覧回数が伸びれば伸びるほど、そのサイトはさらに上位表示されやすくなるというシステムです。
逆に言えば、閲覧されないサイトはどんどん下位に表示されるということです。
あなたのサイトはどちらでしょうか。
 
続いて、「ドメインパワーの強さ」というのは


この赤線部分の強さのことです。
この画像の場合だと、上位にはクラシル・クックパッド・キッコーマンなどなど、大手企業や更新頻度の高い、誰もが知っているサイトが上位表示されています。
これらは運営歴も長くて、たくさんのサイトからリンクが当たっているドメインのため、ドメイン評価が高くなり、ドメインパワーが高くなるのです。
 
他にも、ビッグキーワードや固有名詞の場合は、ほとんどの確率で1ページ目に、Wikipediaが表示されています。
Wikipediaは上位表示に向いているドメインパワーが強いサイトで、内部リンクもしっかり整っているので、安定的に上位表示されているのです。
 
送料込☆King Ice(キングアイス)☆エジプシャン*ネックレス*2色
このサイトを含めたほとんどのサイトは、2ページ目以降に表示されるということです。
Saint Laurent Rive Gauche cotton hoodie
実に75%のユーザーが、2ページ目を開かないという事実を知っていますか?
FENDI ピーカブー アイシーユー ストレッチ レザー バッグ
閲覧される方が奇跡に思えてきませんか?
【新品未開封】HACCI セラムインUVボディクリーム Leg Arm&BackがGoogleMap対策を打ち出している理由はまさにそこにあります。
これはSEO対策とは別の、MEO対策の話になりますが
それに関してはまたいつか。
 
次回はSEO対策についてシェアします。
[THE NORTH FACE]M HAVEL SLIP ON◆
MICKEY.COM.PY RSS